マメオです。

 

バナナデスクの要注目オファー

「第3世代のYouTuber」のバックエンドが公開されました↓

 

Pirates of Youtube パイレーツ・オブ・ユーチューブ

 

Pirates of Youtube パイレーツ・オブ・ユーチューブ バナナデスク
Pirates of Youtube パイレーツ・オブ・ユーチューブ バナナデスク

 

 

URLはこちら: Pirates of Youtube パイレーツ・オブ・ユーチューブ

 

 

販売者:株式会社MOVE 岡田崇司

 

 

第1世代、第2世代と違うYouTubeでの稼ぎ方ということで

非常に注目されているバナナデスクのスクールがついに公開されました。

 

ローンチの段階では第1世代、第2世代のYuTuberのノウハウを惜しげもなく暴露していただけに

第3世代のYouTubeノウハウとは如何なるものか気になっていた方が非常に多いと思います。

 

今までローンチで見てきた部分からの推測だと

第1世代、第2世代のいい部分を上手く抜き出して

さらに新しいエッセンスを加えるというのが第3世代の稼ぎ方なのでしょう。

 

その中でも注目すべき点というのは

「アフィリエイトローンチシステム」というシステムですね。

 

 

今なお売れ続けている「ハンモックYoutuber」という商材は

動画から集客しコメント欄のアフィリエイトリンクから商材の販売や

ローンチ登録ページに誘導するという手法でした。

 

このシステムのおかげでハンモックYoutuberの販売者である白石達也さんは

月収4000万円もの大金を稼いでいるようです汗

 

購入者が月4000万円もの大金が稼げるかと言われればそれは無理ですが、

ハンモックYoutuberが今でもinfotopランキングで1位を撮り続けているのは

アフィリエイターが販売できているという証拠でしょう。

 

バナナデスクの「Pirates of Youtube」はハンモックYoutuberの手法をモニタリングし、

かつツールを使用することでアフィリエイトしやすい環境が整えられています。

 

つまりハンモックYoutuberよりも稼ぎやすいということですね。

 

 

特にバナナデスクと言えば

「トレンドアフィリの第1人者」と呼ばれている

いわば業界での実力者です。

 

そのトレンドアフィリの第1人者が

YouTube上でトレンドアフィリを仕掛けていく訳ですから

この商材の売れ行きが非常に楽しみですね。

 

 

ただ1つ懸念点があるとすれば「ツールの信頼度」という点でしょう。

 

というのはバナナデスクがプロモーションした

加藤秀吉の「秀吉塾」という塾があったのですが、

その際のツールは「使い物にならない」という声が多数上がっています。

 

その際のツールというのも今回と同じような

2次元キャラクターを使った3つのツールでした。

 

以前手がけた塾のツールが使い物にならなかったという話を聞くと

今回の塾でも「ツールが使い物にならないのではないか」という心配がつきまといます。

 

ノウハウ自体は稼げるものでしょうが、

ツールのへの期待はあまりしないほうが良さそうです。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。