マメオです。

 

一風変わったブランディングの講座の

オファーが始まりましたので情報をシェアします↓

 

 

メディアブランディング講座

 

メディアブランディング講座 安達元一 三橋泰介
メディアブランディング講座 安達元一 三橋泰介

 

 

URLはこちら:メディアブランディング講座

 

 

販売者:株式会社スピーチジャパン 三橋泰介

 

 

テレビアナウンサーとして著名な三橋泰介と放送作家の安達元一がジョイントして

「メディアブランディング講座」というプロモーションを展開しています。

 

「セルフブランディング」を真っ向から否定し

一流メディアである「テレビでのブランディングが最強」というコンセプトで

ビジネス拡大を狙う方をターゲットにリスト取りをしています。

 

 

インターネットの目まぐるしい発展により

インターネット媒体の注目度は非常に高いですが

テレビ媒体は以前根強い人気があり

地位を不動のものとしています。

 

そのテレビを使ったブランディングという事で

中には注目している方もいるんじゃないでしょうか。

 

しかしただ「テレビだからブランドが立つ」というわけではないので

その辺りは慎重になったほうがいいでしょう。

 

 

まずテレビで紹介されてブランドが立つ職業が

「ある一定業種に限られている」という事が挙げられます。

 

例えば飲食店であれば

テレビで紹介されることにより

ブランドは十分に立ちます。

 

消費者は「テレビで紹介されるほどおいしい店」

というような心理状態に陥るために

十分に広告効果が見込めます。

 

しかし弁護士のような職業の場合

テレビに出たところで仕事は増えないのではないしょうか。

 

弁護士に限らずですが

仕事内容に「結果」が付いてくる職業は

なかなか難しいと思います。

 

宣伝することでその人の知名度は上がるのでしょうが

依頼する方が求めているのは「結果」。

 

弁護士の例であれば腕のいい弁護士を選ぶはずです。

 

だからこそ「職業を選ぶ」ということですね。

 

メディアに露出することによってプラスに働かない方は

スルーしておきましょう。

 

 

また懸念点として

バックエンドの値段設定があります。

 

メディアに出することを確約しているので

それなりに金額は高いと思われます。

 

オファーをかけている以上広告費を使ってますので

バックエンドがないということは有り得ません。

 

業界平均のバックエンド価格は30万円ですが

それ以上になる可能性が大いにあります。

 

よく考えてバックエンドの購入をした方がいいいでょう。

 

 

詳しいことはまだ不明なので

引き続き調査していこうと思います。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。