マメオです。

 

一風変わったオファーが登場したので

その情報をシェアしたいと思います。

 

割引ビジネス

 

割引ビジネス 佐藤健一
割引ビジネス 佐藤健一

 

 

URLはこちら:割引ビジネス

 

 

販売者:株式会社ネクストグロウ 松本義孝

 

 

「最短2分で1万円」「大企業から1万円貰える」といったような

非常に興味深いワードを使ってリスト取りをしている今回のオファー。

 

レターが短すぎて判断がつきませんが、

ローンチ動画を見ると「ソフトバンクの商品を紹介するだけ」とのこと。

 

そのソフトバンクの商品というのは「ソフトバンク光」という

インターネットサービスを扱うようです。

 

要は「ソフトバンク光の販売代理をする」ということですね。

 

よく自宅の電話でかかってくるような

「ネット回線をこちらにしたら安くなりますよ」といったようなことを

佐藤健一のパートナーという形でやっていく形になるのでしょうか。

 

現状はローンチ動画1話目しか情報がないので詳しい判断はできませんが、

3者が「win-win-win」の関係になるのは難しいと思いますね。

 

 

佐藤健一はローンチ動画の中で

「扱っている商品が悪いから稼げない」と言ってましたが、

私は正直ソフトバンク光がいい商品だとは思えません。

 

ソフトバンクといえば孫正義という方が会長をしているのは

みなさんもご存知の通りかと思われます。

 

孫正義という人物は経営者としては優秀ですが

現在の地位を確立するまでに「詐欺的手法」でのし上がってきた人物です。

 

今現在でも好んでグレーゾーンの販売手法をとっています。

 

「孫正義 YahooBB」などで検索してみれば

孫正義のビジネス手法というのが分かるはずです。

 

日本では孫正義ファンの方々が非常に多くいらっしゃいますのでここではあまり言及はしませんが、

孫正義が「YahooBB」「ホワイトプラン」などで仕掛けてきたかなりグレーな手法というのは

紛れもない真実です。

 

そのグレーゾーン大好きな孫正義の仕掛ける「ソフトバンク光」ですから

手放しで「いいサービス」ということはできないのです。

 

 

実際に調べてもらえれば分かるのですが

ソフトバンク光を契約して2000円の割引を得られる人間というのは

スマ放題で「10~30Gの大容量パック」を契約している人だけです。

 

しかもソフトバンク光で携帯セット割引を受けるためには

月々約2000円弱のオプションサービスの加入が必須になります。

 

つまり須磨放題の大容量パックで契約しているソフトバンクの携帯を持っていて、

かつ月2000弱のオプションサービスを契約している方のみです。

 

つまり携帯1台だけであれば大して金額的にメリットはないということです。

 

 

家族5人がソフトバンクということであれば安くなる可能性がありますが、

スマ放題の大容量パック自体が金額として高いので家族全員がそのプランであることは

まずないのではないかと思います。

 

割引を得ようと大容量パックに契約変更すると逆に月々の料金が高くなり、

割引額を引いたとしても元とほぼ変わらない金額です。

 

「安くなる」といって消費者に意識付をしておいて、

蓋を開けたらそうでもないというシステムは情報業界と大差ないですね(笑)

 

 

ローンチで佐藤健一は安さ以外にも回線速度の話をしていましたが、

回線速度という面でもソフトバンク光の以上に

回線速度の速いサービスが既に存在しています。

 

しかもソフトバンク光よりも安くて

かつキャッシュバック額も大きいです汗

 

その回線がこちら↓

 

NURO光

 

金額的にもメリットがなく、

回線速度もメリットではないソフトバンク光は

「いい商品」だと私は思えません。

 

むしろ奨めるのであれば「NURO光」を押します(笑)

 

 

現段階ではソフトバンク光をどう他者に薦めていくのかは明らかではないですが、

詐欺的行為を働くことが前提である企業の商品を扱のは私でしたらごめんですね汗

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。