マメオです。

 

通常のSNSで稼ぐ手法とは一味違った

SNS系のオファーの情報が入ってきたので、情報をシェアします↓

 

 

SNS現金化プロジェクト

 

SNS現金化プロジェクト 松宮義仁
SNS現金化プロジェクト 松宮義仁

 

 

URLはこちら:SNS現金化プロジェクト

 

 

販売業者:株式会社SRシステム

 

 

「SNSから現金化する」という一風変わったオファーが開始されました。

 

仕掛け人は松宮義仁で

facebook創世記にfacebookマーケティングを確立し、

莫大な収益を生み出していた人物です。

 

初めてLPを見たときには

前に見た時と印象が全然違ったので

松宮義仁だとは気づきませんでした汗

 

松宮義仁自体は

SNS系の書籍も多数出していますし、

facebookマーケティングの手法は確かなので

facebookのみの人間かと思っていたのですが、

どうやらあらゆるSNSを専門に研究しているようです。

 

 

メールアドレスを登録し

ローンチ動画を見てみましたが、

どのSNSを使っているかは不明でした。

 

動画の構成もあって、

どのSNSを使っているのかというのが

非常に気になる場面で動画が終わっていました。

 

どんなSNSを使うのかは不明ですが、

松宮義仁が動画内で言及していたように、

SNSの創業時にビジネスの活用法を見つければ

そのSNSにおけるビジネスの先駆者となることができます。

 

つまり先行者利益を得ることが出来るということです。

 

実際に松宮義仁はfacebookでは

その実績を上げている人間なので

その点には期待してもいいでしょう。

 

 

ビジネスモデル自体は

ツールを使ってSNSから集客し

そのリストに対し販売する形になります。

 

注目すべき点は他のSNS系案件と違い

外部の媒体に誘導して収益を上げるのではなく、

SNS完結型のビジネスモデルになるようです。

 

ブログ等の外部媒体を使わないという事は

それだけビジネスとしての敷居や作業量は減る訳なので、

ビジネス初心者としても参入しやすいでしょう。

 

これは手法がまだ明らかではないので

何とも言えない部分がありはしますが、

内容次第では他のビジネスよりも簡単に

実践することができるというメリットになりそうです。

 

 

ちなみにローンチ動画内の実績画像は

他のローンチのようにボカシだらけのものでなく、

きちんとURLも見れるようにしてあったので

信ぴょう性は非常に高いものと思います。

 

SNS現金化プロジェクト 松宮義仁2

 

ボカシだらけの通帳や実績画像は

いくらでも捏造することは可能ですが、

URLを撮している場合だとそうはいきません。

 

URLの文字列を見ることで

本当にそのサイトのURLか調べることができるので、

URLを公開するということは、捏造していない、

もしくは捏造できないということを意味します。

 

URLの文字列を調べたところ

確かにジャパンネット銀行のURLに間違いはないので、

動画内の松宮義仁の実績は間違いないものでしょう。

 

 

今回はローンチ第1話目という事もあり

不明な点が多く、なんとも言い難いところがあります。

 

しかし、松宮義仁がfacebookの創世記に

facebookでのビジネスを確立し、稼いだという事実があるので

他のインフォプレナーよりも期待は出来そうです。

 

ただ松宮義仁のTsuの塾はコケて炎上していますし、

無条件で信頼することはできないでしょう。

 

良くも悪くも今後の展開に要注目のオファーです。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。