マメオです。

 

226人が実際に稼いだ魔法のツールをプレゼントと

うたっているオファーが公開されてました。

 

LINE BANK(ラインバンク)

 松岡沙耶 LINE BANK(ラインバンク)
松岡沙耶 LINE BANK(ラインバンク)

 

 

URLはコチラ:LINE BANK(ラインバンク)

 

 

松岡沙耶 LINE BANK(ラインバンク)

 

スタート直後から

いきなり平均週休100万円!

さらにわずかに二年間で1億90000万円の資産構築に成功。

226人が実際に稼いだ魔法のツールをプレゼント。

というオファーが公開されました。

 

 

仕掛け人は松岡沙耶氏。

 

 

松岡沙耶氏といえば昨年にラインバンクという案件を仕掛けていて

実際の購入者が稼げないと発言しております。

 

 

そんな中、新しく今回オファーが届きましたが

どういう内容なのでしょうか?

 

LPを見る限りなんらかの報酬画面が記載してありますが

実は報酬画面からビジネスモデルを推測することができます。

 

その報酬画面というのが

こちらのスクリーンショットになります。

 

 

こちらが報酬画面となりますが

これはハイローオーストラリアの報酬画面となります。

 

 

ハイローオーストラリアは

「バイナリーオプション」の証券口座となりますので

ビジネスモデルはバイナリーオプションとなります。

 

松岡沙耶 LINE BANK(ラインバンク)
バイナリーオプションとはなに?

バイナリーオプションは

聞いたこともある人もいるかと思いますが

相場が上がるか下がるか予想する

至ってシンプルなビジネスモデルとなります。

 

シンプルではありますが

相場上で取引するビジネスモデルですので

簡単に勝つことができないのが

バイナリーオプションの特徴です。

 

 

バイナリーオプションは

プロのFXトレーダーの方でも

勝つのが難しいと言われています。

 

 

理由としまして

FXとバイナリーオプションの違いを

簡単に説明しますと

 

FXはエントリーする際に

自分のタイミングでエントリーして

決済タイミングも手動ですが

 

バイナリーオプションは

エントリー自体は手動ですが

決済に関しては時間を消化することで

自動で決済されます。

 

 

ですのでFXのプロのトレーダーが

バイナリーオプションで取引しようとしても

自分の決済タイミングで決済することができないので

バイナリーオプションは取引が難しいとされています。

 

 

松岡沙耶 LINE BANK(ラインバンク)
過去の案件と実は同じだった?

 

今回の案件は前回のオファー同様に

バイナリーオプションと判断できる点から

過去の再オファーと判断できます。

 

実際に登録しようとしましたら

メールアドレス入力画面にて

「LINE BANK」という表示が確認できました。

それがこちら↓


 

 

ですので今回も前回同様に

「LINE BANK」の再オファーに間違いないでしょう。

 

 

松岡さや氏のラインバンクは

LINEにてエントリータイミングの通知が来て

ただその通知どおり従うだけというものですが

その通りに従っていても稼げないと

読者さんからのメールで多数寄せられました。

 

読者さんのTさんの話を詳しくお伺いしますと

 

ラインに売買の通知自体は一日何十件とくるのですが

その通りに従っても稼げないし、実績者の

画像が定期的に送られてくるのですが

私自身稼げてないので

ほんとに稼げるのか怪しくなってきた

 

という返答がありました。

 

 

ですので今回のLINE BANKは

前回の再オファーともいえますので

避けておいたほうが無難でしょう。

 

 

では。

 

 

前回書いた記事はこちら↓

松岡沙耶のLINE BANK(ラインバンク)は稼げない…果たしてビジネスモデルなのか?

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。