マメオです。

 

FX初心者でも、その日からスキマ時間を

利益にできるオファーが公開されておりましたので

情報をシェアしていきたいと思います↓

 

4DFX

クロスリテイリング株式会社 松野有希  FX-Jin
クロスリテイリング株式会社 松野有希  FX-Jin(山口孝志)

 

 

 

URLはコチラ:4DFX

 

 

 

4DFX  FX-Jin(山口孝志)

 

FX初心者が初日から3日間で150万以上の

実績を叩き出した、完全オリジナルFXチャートが大公開!

というオファーが開始されました。

 

 

仕掛け人は FX-Jinこと山口孝志氏。

 

 

世界初のチャートシステムだけに

これからFXをしてみたい人、

FXをしてみたが損をしている人からすると

注目しそうな案件です。

 

 

LPでは、トレンドが出たときに

動くチャートシステムらしいのですが

そんなチャートシステムが存在するのでしょうか?

 

 

FXでトレンドというのがなにか

解説していきます。

 

 

4DFX  FX-Jin(山口孝志)
FXのトレンドとはなに?

 

 

トレンドというのはFXの経験がある方なら

ご存知かとは思いますが

 

相場が下がっているなら 下降トレンド

相場が上がっているなら 上昇トレンド

 

それ以外にも

上げ下げが拮抗している

レンジ相場があります。

 

 

トレンドが出たときに

動くチャートシステムですので

 

上昇トレンドか

下降トレンドを

 

システムが見極めて

その流れに沿ってエントリー

するという流れになります。

 

 

 

LPではトレンドが出たときだけ

動くチャートというので

トレンドの流れに従って

順張りでエントリーするという点では評価できます。

 

 

 

トレンドの流れに逆らって

エントリーする逆張りという

エントリー方法もありますが

 

初心者にはトレンドがどこで

転換するか見極めなければならなく

その逆張りのエントリータイミングが

シビアで損をしがちになります。

 

 

しかし、この世界初のチャートシステムですが

FX-Jin氏が関わっているシステムなので

かなり注意が必要なシステムです。

 

 

理由としましては

 

FX-Jin氏は過去に

悪徳商材を販売して

法人税を5000万ほど

脱税しており起訴されています。

 

 

そんな脱税する人が

仕掛けるFXシステムのオファーですので

今回のシステムが過去の使い回しの可能性が高く

信用性がないともいえます。

 

 

 

さらに相場というのは生き物ですので

システムを使ってトレンドを把握するまではいいのですが

 

 

FXで稼いでいくには

 

どのタイミングでエントリーするのか?

どのタイミングで決済すればいいのか?

 

そこが明確になっていないと

エントリーしたくてもエントリーできません。

 

 

しかも、トレンドが出たときに動くチャートなのですが

考え方を逆にすればトレンドじゃない相場では

チャートシステムが止まっているということになります。

 

相場というのは平日中であれば

上下に相場が常に動いているので

チャートが止まるということはありえません。

 

さらにシステムというのは

いくら勝率が高いといっても

その通りエントリーして

必ず勝てるという保証は一切ありません。

 

 

 

FXはシステム通りエントリーして

簡単に稼げるほど甘くはなく

必ず人間の判断でエントリーする

裁量スキルが必要になります。

 

 

 

今回のオファーでは

FXの無料動画を6日間お渡しするとのことで

FXがこれから学びたいと思っている方は、

登録してみるのもいいかもしれませんが

 

ローンチ動画後の高額塾販売には

注意しておいたほうがいいでしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。