マメオです。

 

LINEアプリと使って一日たった15分で60万円

稼ぐオファーが開始されましたので

情報を掘り下げていきたいと思います↓

 

LINEブレイク

LINEブレイク ABE企画 山野正明 ながらビジネス 株式会社SOHO
LINEブレイク ABE企画 山野正明 ながらビジネス 株式会社SOHO

 

 

URLはコチラ:LINEブレイク

 

 

 

副業でネットビジネスのご経験がある方は

ご存知かとは思いますが

 

始めのうちはなかなか収益があがらず

苦戦される方も多いのではないのでしょうか。

 

たネットビジネスというのは

稼げる基盤、つまり稼げる仕組みが

徐々に出来上がってきますと

数日間はなにも作業をしなくても

報酬が入ってくるようになります。

 

現在はスマホ1台だけで完結する

ネットビジネスもあります。

 

今回紹介する内容は

 

「LINEブレイク」になります。

 

LPをみたところ、

LINEアプリを使って

わずか15分の作業で

60万円の報酬が入ってくるとのことなので

ビジネスモデルも踏まえて

早速レビューしていきます。

 

 

LINEブレイク 山野正明

 

今回のご紹介する内容ですが

LINEで既読になるたびに二万円が課金され続ける

スキル0、知識0の驚異のリミットレスシステムとのことです。

 

スマホと使っている人なら

知らない人はいない

LINEと使ったビジネスになります。

 

こちらのオファーですが

 

特商法では

会社名はABE企画

氏名は山野正明

となりますが

 

登録するとLINEブレイクから

全く別のページに変貌を遂げます。

 

それがコチラ↓

 

 

ながらビジネス 水卜豪志

ながらビジネス 水卜豪志
ながらビジネス 水卜豪志

 

 

オファー名 ながらビジネス

仕掛け人は 水卜豪志

 

となります。

 

ながらビジネスとはなにか?

 

疑問持たれる方が多いかと思いますが

 

簡単に言いますと

水卜豪志氏が開発した

システムを販売して紹介料をもらうという

アフィリエイトとなります。

 

システムの内容は

 

一回のコピペ作業で

最高二万円の報酬が入ってくる

システムを販売しているとのことですが

 

要はそのシステムを

ラインで紹介して報酬を

もらいましょうというわけです。

 

 

そのシステム代行販売ですが

参加するのに様々なプランがあり

5万円から始められるプランもあれば

145万円の高額のプランもあります。

 

プランによって

サポート期間の違いや報酬率が違いますが

 

このシステムのアフィリエイトを行うためには

まずはこのシステムを購入してくださいというわけです。

 

つまりシステムはフロントエンド商品

プランを含めた商品がバックエンド商品

 

ということになります。

 

 

システム販売のアフィリエイトにしても

販売するものに価値があるのかどうかという点と

LINEで紹介していくのでLINEで集客するという

問題点があります。

 

LINEで商品を紹介していくので

LINE@でビジネスアカウントページの作成して

さらに、もちろん読み手が必要になってきます。

 

 

ですのでLINEで集客するということになりますが

メルマガで言わせればメルマガ読者に当たります。

 

読者=商品購入の見込み客リスト

 

ということになりますが

 

 

LINEでの集客を自分自身で

行わなければならなく

 

 

一般的に集客というと

SNSを使った手法が有名で

ブログやFacebookを立ち上げ、

記事を毎日更新して

信頼を得られるようになってから

読者が得られます。

 

つまり

見込み客というのはSNSとはいえ

信頼関係が大事でこれから始めたとしても

簡単に読書が得られるようなわけではありません。

 

 

集客ができなければ

商品販売以前の問題となってきますので

収益などゼロとなります。

 

さらにLINE@で集客となると

月額の定額料金もかかってきますので

その月額の料金を支払うだけの集客ができるか

かなり疑問にもなります。

 

 

システムを販売するのに

参加費が必要となってきますので

資金面で割にあいませんし、

 

参加費を払わなくても

ご自身で情報商材のアフィリエイトを

行っていたほうが

稼げるでしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

%e6%b6%88%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。