マメオです。

 

2018年年明けからお年玉という

タイトルの気になるオファーが

メールで入ってきましたので

情報をシェアしていきます↓

 

資産運用ツール(チリツモ投資)

松岡直希 資産運用ツール(チリツモ投資)
松岡直希 資産運用ツール(チリツモ投資)

 

 

URLはコチラ:資産運用ツール(チリツモ投資)

 

LP2

 

 

松岡直希 資産運用ツール(チリツモ投資)

 

勝率100%、月利最低80%

最高月収2005%とうたう

資産運用ツールが公開されました。

 

 

仕掛け人は、松岡直希氏。

 

 

資産運用ツールというだけに

期待しがちなレターとなってますが

資産運用には投資が関わってくるので

注意が必要です。

 

 

松岡直希氏は以前

2017年の夏頃、同じような案件を仕掛けており

LPの構成も全く一緒となっています。

 

 

2018年年明けということもあり

今回は過去の案件の再オファーということに

間違いないでしょう。

 

 

今回のLPを登録すると

下記のようなページに誘導されます。

 

 

 

 

 

投資の概念を超えた100%とは

どのようなことを意味するのか

不透明な部分がありますが

 

 

「投資」というキーワードから

さらに過去の再オファーという理由から

 

ビジネスモデルは

「ブックメーカー」になります。

 

 

 

 

ブックメーカーといえば

イギリス発祥の賭博ビジネスで

サッカーやテニスの試合の

スポーツの賭け事というイメージが

多いかとは思いますが

 

明日の天気はなにかという

身近な賭け事から

 

イギリスのEU脱退も

ブックメーカーで賭けられていました。

 

 

そのブックメーカーで

100%勝てる方法があるのとことです。

 

 

このような文言をみると

過度の期待をしてしまうのが

人間ですが

 

ブックメーカーで100%勝てる方法というのは

ブックメーカーアービトラージになります。

 

 

ブックメーカーアービトラージとは

両建てのことを意味して

負けることがないという手法になります。

 

 

 

今回もローンチ動画に

アービトラージのの件が書かれていますが、

内容は期待しないほうがいいでしょう。

 

理由としまして

ブックメーカーには

「MAXベット規制」とうものがあります。

 

 

MAXベット規制とは、文字通り

「ベット金額に規制がかかる」という事を指します。

 

ブックメーカーアービトラージをしていく上で

MAXベット規制というのは非常に重要で、

 

もし、MAXベット規制にひかかってしまうと

ツール上では利益の取れる組み合わせだったとしても

規制のせいで利益の取れる金額を賭けることができなくなります。

 

つまり、利益の取れない組み合わせで

賭けることになってしまう訳です。

 

 

これではギャンブルと一切変わりません。

 

確実に利益を取れるのがアービトラージという手法なので

利益が取れなくなってしまうMAXベット規制を考慮しないと

なかなか利益が上がらないといえます。

 

 

ブックメーカーアービトラージは

決して稼げないビジネスモデルではありませんが

全額をつぎこんでまで行う投資ではないといえます。

 

そもそも投資の世界に

勝率100%はありえません。

 

 

全く稼げないという事はないと思いますが、

MAXベット規制がかかって稼げなくなるという可能性が大ですし、

過去の再オファーですので

バックエンドで高額塾の案内があります。

 

高額塾に入ったとしても

入塾費用を回収できなければ

元も子もありません。

 

今回の案件に関しては

スルーしておくのが賢明でしょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。