マメオです。

 

何回にも渡って記事にしているドバイ大富豪の教えですが

ローンチ動画を見ているうちに不自然な点がありましたので記事にします↓

 

 

ドバイ大富豪の教え

 

ドバイ大富豪の教え 本田隆志
ドバイ大富豪の教え 本田隆志 中村直人

 

 

URLはこちら:ドバイ大富豪の教え

 

 

販売業者:株式会社ホンダドリーム 本田隆志

 

 

ドバイ大富豪の教えについて調査するために

ローンチ動画などを再度確認していたのですが、

ノウハウ提供者である中村直人の不自然な点を発券しました。

 

それは記事タイトルにも書いてあるように

「自分自身の過去話なのにもかかわらずカンペを読んでいる」という点です。

 

 

こうした高額塾のプロダクトローンチでは

インタビュアー、インフォプレナー共に

カンペを見ながら話を進めることがあります。

 

インタビュアーの方がカンペを読むのは

ニュースキャスターがカンペを読みながら番組を進めるように

動画の進行の為に読んでいるので特に気にする必要はありません。

 

しかし、ノウハウを語るインフォプレナーがカンペを読むのは

あまりにも不自然だといっていいでしょう。

 

あくまでも「インタビュー」な訳ですから

インフォプレナーは質問に対して答えるだけでいいはずです。

 

なぜなら「その人のノウハウ」な訳ですから。

 

つまり、カンペを読んでいる時点で

プロモーションを仕掛けている会社のシナリオ通りに

インタビューの答えに答えている訳です。

 

あくまでも「演出のために」「見やすい動画の為に」という形で

カンペを読みながら動画を進めていく事はあるのでしょうが、

中村直人に関しては自分の過去話すらもカンペを確認しており

動画であった過去話も捏造の可能性があります。

 

 

最近のインフォプレナーは雇われであることが多く

中村直人がカンペを読むのもあまり気にしていませんでしたが、

ローンチ動画を見直して始めて、上記の点に気付きました。

 

これも見やすい動画の為に進行を確認しているという事が考えられますが、

中村直人の場合は明らかにカンペを見すぎです。

 

ドバイ大富豪の教え 本田隆志5 ドバイ大富豪の教え 本田隆志6 ドバイ大富豪の教え 本田隆志7 ドバイ大富豪の教え 本田隆志8 ドバイ大富豪の教え 本田隆志9

 

 

カンペを見ている場面の全てをキャプチャーするとキリがないので

この程度にしておこうかとは思いますが、自分の過去話の際にも

中村直人の手前に置いてあるであろうカンペを見ています。

 

カンペが中村直人の手前にあるということは

その手前にあるであろうPCの画面のスクロールをしているような

中村直人の動作があることから間違いないのでしょうが

もう少しうまくやって貰いたいものです。

 

説得力が全くありませんから笑

 

 

上記したようにローンチ動画はカンペを読みつつ進行されることは多いのですが、

しかしそういったオファーのインフォプレナーは全て「雇われ」です。

 

これは、背後にいる実質の仕掛け人である会社が

インフォプレナーよりも力を持っているからこそ

カンペ通りに進行しないといけないからです。

 

つまり、ドバイに在住し、年間10億円以上稼いでいる中村直人よりも

メディア.comアフィリエイトセンター、株式会社ネクストグロウの方が

力を持っているということになる訳です。

 

だからこそカンペ読みをしている人間は

「雇われインフォプレナーである可能性が高い」という事ですね。

 

よって中村直人も雇われインフォプレナーの可能性があり、

自分の過去の話しどころか、ドバイ在住であること

年間で10億円稼いでいることも嘘である可能性が高い訳です。

 

 

流石にここまでカンペを見ていれば

中村直人への信頼感はダダ下がりしているでしょうが、

JRAビジネスの高城彰人のように明らかにカンペを見ていても

それに気付かずに信じてしまう方が多数いましたので

今回はこのような記事を書きました。

 

もし現状でプロダクトローンチの洗脳にかかっているのなら

今回の記事を見て、少しでも洗脳が解けてくれればと思います。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

情報商材、高額塾の返金方法

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。