マメオです。

 

会員制コミュニティへの参加

というオファー情報が入ってきたので詳しく見ていきます↓

 

Crypto Currency Academy(CCA)

Crypto Currency Academy(CCA)
Crypto Currency Academy(CCA)

 

 

URLはコチラ:

http://crypto1-academy.com/ml/

http://crypto-c-academy.com/tkm/

 

Crypto Currency Academy(CCA)

会員制のICOクラブに入会して

ICOプレセール情報を入手できる

というオファーが公開されました。

 

完全招待制のコミュニティと説明されていますが

実際にはメールアドレスとラインを登録するだけで

入会できるため、この時点で既に

悪質なオファーである可能性が高いです。

 

悪質オファーの場合、最終的には

高額塾への勧誘などが待ち構えているため

今後の動向に注意する必要がありますね。

 

それでは、LPの内容から

本オファーについて確認していきます。

 

Crypto Currency Academy(CCA)のビジネス内容

ビジネス内容としては

コミュニティ内で情報を共有し合い

ICOで稼ぐということのようです。

 

具体的な情報は未だ公開されていませんが

いくつか気になる点があるためご紹介します。

 

まず、CCAと呼ばれるコミュニティは

”日本最大級の仮想通貨スクール”

と説明されていますが、調べてみても

それらしき情報は一切出てきません。

 

また、Crypto Currency Academy

で検索すると海外の同一名称の会社がヒットしますが

既存の固有名詞を流用するのは悪質オファーによく使われる方法です。

 

もちろん英語で書かれていますが、本オファーとは

全く関係が無いため勘違いしないようにしましょう。

Cryptocurrency Academy

 

さらに、CCAに参加を促すLPでは

重要な情報を届ける日時が記載されていますが

ページソースを確認してみると、現在時刻から30分後の時刻が

必ず表示されるよう設定されていることがわかります。

 

このように、読者を焦らせて冷静に考える暇を与えず

強引に登録させる手口は十中八九

悪質オファーとみて間違いありません。

 

前述したように、このようなオファーでは無料を装って最終的に

高額な支払いを要求してくることが予想されます。

 

また、登録したラインには

全く無関係のオファー情報も流れてきているため

前回紹介した 「鈴木奈々子のBitDaysプロジェクト」

のように、登録情報がオプトインアフィリエイトに

利用されている可能性もあります。

 

どちらにしろ、登録したところで時間を無駄にするばかりで

得することなど1つも無いのは間違いありません。

 

 

怪しい発行元

特定商取引法に基づく表記を確認すると

電話番号が記載されていないことから

トラブルの際には連絡がつかなくなる可能性があります。

 

また、LPによって発行元の名称が以下のように異なっていて

統一されていないのも引っかかりますね。

 

・アカデミー事務局

・CCA運営事務局

 

当然、一般的な会社であれば名称は統一されているため

これではサイトを即席で作ったような印象が捨てきれません。

 

さらに、アカデミーの所在地は

東京都渋谷区道玄坂2-15-1

となっていますが、ここは間取り1Kの

レンタルオフィスの住所です。

 

ここが日本最大級の仮想通貨スクールの事務局

と言われても、さすがに信用することができませんね。

 

 

Crypto Currency Academy(CCA)で稼げるか

本オファーのLPからは

強引に登録させようとする姿勢が垣間見えており

具体的なビジネス内容は不明ですが

悪質なオファーであることは疑いようがありません。

 

今後はバックエンド商品や高額塾の存在が露呈する

可能性がありますが、絶対に金銭の支払いなどを

行わないようにしましょう。

 

本サイトでは

誤ってお金を振り込んでしまった人のために

返金方法についても詳しく解説しています。

 

もしもの時は、サイトの下部に記載してある

詐欺商材 返金方法

というページをぜひ参考にしてみてください。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。