マメオです。

 

ビジネス初心者でも

完全ノーリスクで日給1万円が得られる

オファーが公開されましたので

記事にしていきたいと思います↓

 

DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)

東野はじめ DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)
東野はじめ DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)

 

 

URLはコチラ:DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)

 

LP2:DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)

 

 

東野はじめ DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)

「初期費用ゼロ」なのに、

最短即日で「現金」が手に入る!

スキル・年齢・経験・性別・一切不問

 

ビジネス初心者でも

完全ノーリスクで日給1万円がもらえる

オファーが公開されました。

 

 

仕掛け人は東野はじめ氏。

 

 

初期費用ゼロで、日給1万円がもらえる

ビジネスであれば期待できそうな案件といえますが

初期費用ゼロから始めるビジネスとなりますと

おおよそ、予想がしやすいビジネスモデルでもあります。

 

 

それがバイヤーというワードと

ローンチ動画でも紹介があった

内容から「転売」となります。

 

転売となりますと

安く仕入れて高くするというのが

商売の基本言われています。

 

 

しかし今回のビジネスモデルは

ダブルラインというだけに

キャッシュポイントが2つ存在します。

 

それは無在庫販売、中国輸入となり

始めに無在庫転売を行うと発言してます。

 

 

東野はじめ
DLBプロジェクト(ダブルラインバイヤー)
キャッシュポイント1
無在庫転売のメリット・デメリットとは

 

通常の転売方法となりますと

商品をあらかじめ仕入れて

注文があれば発送するという流れですが

 

無在庫転売はあらかじめ出品しておいて

注文があったらその都度仕入れるという

手法となります。

 

無在庫転売のメリットとしては

入金があってから注文を入れるので

LPに記載通り、初期費用ゼロから

行えるのがメリットです。

 

有在庫転売のように

在庫を仕入れるためにまとまった資金が必要ないですが

 

注文が入るたびに商品を仕入れる必要がありますので

いざ商品を仕入先から仕入れようとしても、

在庫切れの場合は仕入れることができない上に

 

注文が入ってから商品を仕入れる都合上

商品の発送に、タイムラグがかかってきます。

 

 

お客様に商品が届くまでの間、

お問い合わせやクレームなどの

対応をしかねなく

 

最悪、注文のキャンセルの

可能性もあるので

利益が出ないという

リスクもあります。

 

 

仕入先を独自で複数リサーチしていれば

避けられる要因ではありますが

これから参入するからすれば

売れる商品のリサーチもしないといけなく

さらに仕入先の確保となりますと

 

時間と労力は相応にかかってくるのは

言うまでもないでしょう。

 

 

さらに無在庫転売で利益を得たら

次のステップで中国輸入も

行うというのですが

どんな流れなのかは次回触れたいと思います。

 

 

次回の記事はこちら

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。