マメオです。

 

前回に引き続き

海老名勝人のルートプロジェクト

動画第四弾が公開されましたので

記事にしていきます↓

 

海老名勝人のルートプロジェクト動画第四弾
「ついにアイテム公開!」

海老名勝人 ルートプロジェクト
海老名勝人 ルートプロジェクト

 

URLはこちら:

http://route-project.com/lp_1contents/

動画第4弾:

http://route-project2018.com/?id=reibxo4&no=mec

 

海老名勝人 ルートプロジェクト 動画第四弾の内容

 

第三弾で明かされるはずだったルート

しかし第三弾ではふんわりとしか

ルートの正体について触れられませんでした。

 

第四弾ではルートについて

しっかり説明されるのでしょうか?

見ていきましょう。

 

第四弾の動画のタイトル

「ついにアイテム公開!」

 

内容をまとめるとルートというのは

 

  • ルート=FXの自動売買アイテム
  • 世の中に出回っているものとは全く別物
  • 過去200年以上の相場値動きを蓄積しているデータがルート
  • 1800年代の米相場取引からさかのぼるデータ

 

投資という単語がちらほら

過去の動画にも出てきましたが

やはりビジネスモデルも投資関係でした。

 

ルート自体はデータのことを指していて

そこに今はやりの人工知能AIを組み合わせたものが

今回のメインアイテムだそう。

 

なんとこのルート

2010年に開発されたものであり

お金持ちの投資家の3割がこのルートを使って

FXで儲けているとのこと。

 

ルートは

  • 安定的に利益を生み出し続けることができる
  • 海老名勝人自身がこれで稼いだ実績がある

とのことですが

本当にそんなことが可能なのでしょうか?

 

人工知能でFX自動取引、勝つことはできるのか?

ルートの正体が明かされて

一番気になるのが人工知能で勝てるのか?

と言う点です。

 

実は人工知能でのFX取引は

いまやアプリもリリースされているくらい

一般的なものになりつつあります。

 

しかし

人工知能でFXの全取引を自動で行うとなると

勝てるかどうか確実性はないと言っていいでしょう。

 

何故ならFXの世界は

常に同じ取引でなりたっているわけではなく

いくら情報がAIに学習されていたとしても

予期せぬ事態には対応しきれないためです。

 

例えばアメリカ大統領選挙

この選挙結果でもFXの世界は

大きく揺れました。

 

確かにFXの世界

過去の情報も非常に大切です。

 

しかし過去の情報だけで勝てるほど

FXの世界は甘くないので

ルートプロジェクトの自動取引も

過信しない方が良いと言えるでしょう。

 

 

海老名勝人はルートで実際に稼いだのか?

稼いだか稼いでいないか。

稼いだと言葉で言うだけなら容易いです。

 

海老名勝人は

ルートで稼いだと動画の中で

はっきり発言しています。

 

しかし詳細なデータは明かされていないので

実際に稼いだかどうかは怪しいと言えます。

 

もしも既に高額バックエンドに引っ掛かって

返金してほしい、と考えている人は

海老名勝人に対して

稼いだデータを開示するように申し出てみましょう。

 

実際に稼いだデータを提出できないとなると

不当景品類及び

不当表示防止法に引っ掛かるポイントになるので

 

ここらへんを攻めると

返金の可能性がぐっと上がりますよ。

 

ただ、素人丸出しで返金を求めると

あちらも舐めてかかってきますから

特にルートプロジェクトは

動画第一弾の記事でも検証した通り

住所も本物かどうか怪しい点がありますので

 

逃げられる前に

弁護士など法の専門家に任せることを

おすすめします。

 

ルートプロジェクト動画第五弾につづく・・・

 

ルートプロジェクト

とうとう第四弾で

ビジネスモデルがFXであるということが

明かされましたね。

 

流行りの人工知能AIで

自動取引を行うとのことですが

情報商材でもAI関連のものは

逆に大きく損をした!という声も多いので

注意するようにしましょう。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。