マメオです。

 

前回記事にした夏目五郎(佐野大地)の

ロジックウィナープロジェクトについて書いていきます。

 

前回の1話の後、ウェビナーがありまして、

それから数日経ってようやく2話が公開されました。

 

夏目五郎氏は2話ではどんなことを語っているのでしょうか?

 

 

夏目五郎 ロジックウィナーズプロジェクト

夏目五郎 ロジックウィナーズプロジェクト
夏目五郎 ロジックウィナーズプロジェクト

 

 

LPはこちら

http://lwclub1.com/lp/1sqaz/

http://lwclub1.com/lp/2swsx/

http://lwclub1.com/lp/3sedc/

http://lwclub1.com/lp/4srfv/

http://lwclub1.com/lp/5stgb/

http://lwclub1.com/lp/6syhn/

 

 

夏目五郎 ロジックウィナーズプロジェクト 2話の内容は?

 

夏目五郎氏と吉川将大氏が行なっている

ロジックウィナーズプロジェクトの第二話では、

実際にスロットを打ちに行くという内容から始まりました。

 

夏目五郎氏はあるロジックを使って、

スロットで稼ぐ方法を知っているとのことで、

実際にスロットを打つシーンがあるのですが、

信ぴょう性ははっきり言ってありません。

 

なぜなら、

動画の編集でいくらでもごまかせるからです。

 

スロットの勝っているシーンだけを切り取って

動画をつなげれば、

第二話のような凄そうな動画が出来上がります。

 

また、

スロットというギャンブルの映像で、

稼げている動画を視聴者に見せるシーンがあることで、

視聴者の欲を沸きたてる目的があると思います。

 

今回のロジックウィナーズプロジェクトは、

松宮義仁氏のフリーダムライフクラブや

吉川将大氏のフィクサープロジェクトと同様に

ギラギラ系マーケティングであります。

 

ギラギラ系マーケティングは、

とにかくお金持ちをアピールし、

豪遊している様子を映し、

とにかく金、金、金を強調して、

ユーザーの欲を沸きたてるマーケティングです。

 

パチンコやスロットの動画を映すことも

ギラギラ系マーケティングでは有効です。

 

パチンコやスロットが絶えず続いているのは、

人間の心理を巧妙に扱った商売だからです。

 

スロット台から鳴り響くピコピコ鳴る音や

映像や音の演出は、

人間の欲を最大限に引き上げ、

脳を興奮状態にするために巧妙に仕組まれているのです。

 

ジャラジャラと出てくるメダルを見せるだけで、

ユーザーはお金という欲で頭が一杯になり、

冷静に判断が出来なくなる生き物なのです。

 

そしてその後の動画にも出てきますが、

高級時計の自慢や高級ホテルに宿泊しているアピールも

ギラギラ系マーケティングに通じるものです。

 

一部の人からは胡散臭くて敬遠されがちですが、

こういった商材を買う層の人間からすると、

もっとも心に刺さる演出なのです。

 

高級な物を見せることで、

自分も欲しい、こういう人になりたいと

妄想を膨らませ、期待だけで購入してしまうのです。

 

松宮義仁氏や吉川将大氏のローンチも

同じくソーシャルジンアフィリエイトセンターで開催されていましたので、

やはり系統は同じということです。

 

裏で活動しているプロモーターも同じなので、

中身の質も過去のキャンペーンと同様だと思います。

 

 

そして動画の後半では、

ロジックウィナーズシステムという

謎のシステムが登場しました。

 

上場後の仮想通貨を使って

安定的に資産を運用できるシステムだそうです。

 

しかも、

毎月1.97倍資産が増えるという

ぶっ飛んだ利回りを掲げています。

 

3万円の資金があれば、

12ヶ月で1億円を超えるという

とんでもない試算を公表しています。

 

もちろん、

このような非常識な利回りは

実現不可能ですので、誇大表現となるでしょう。

 

動画では実際にビットフライヤーにログインし、

20万円の資金が短時間でどれくらい増えたかを検証しています。

 

 

しかし増えた額は2516円。

これはロジックウィナーズシステムで増やしたとされていますが、

正直これくらいの金額は、

ビットコインを買って放置するだけで数分で稼げます。

 

ビットコインはボラが激しいので、

これくらいは数分放置すれば動く価格です。

 

ロジックウィナーズシステムが、

ビットフライヤーのAPIと連動させて動くシステムなのかはわかりませんが、

今の所実態がないのでかなり怪しいところです。

 

 

夏目五郎 ロジックウィナーズプロジェクトは誇大表現だらけ

夏目五郎氏のロジックウィナーズプロジェクトは、

ギラギラ系マーケティングということもあって

内容はかなり派手で話が盛られています。

 

さらLPでは共通して

NGな表現があります。

 

それが以下のワードです。

 

・誰がやっても

・必ず

・絶対に

・確実に

・再現性100%

 

などの表現は完全にアウトですので、

後の返金交渉時に有利になります。

 

例を言いますと

以下のこのような表現です。

 

 

1億円を稼ぐ再現性が100%と謳っていますので、

3万円の資金から達成出来なければ完全に詐欺です。

 

もちろん返金出来る可能性は高まります。

もし過去にこういった表現を使っているプロジェクトで、

騙された経験がある方は、返金交渉をお勧めします。

 

こういった誇大表現があると、

返金交渉時にこちらが有利になりますので、

泣き寝入り状態の方は必ずご連絡ください。

返金をしてもらわないとお金が勿体ないです。

 

 

そして今回のロジックウィナーズプロジェクトの

目玉とされているシステムは、

このように謳われています。

 

 

毎月安定的に1.97倍ずつ資産が増えるという表現は、

もちろん実現しなければ嘘になります。

 

おそらく実現しない可能性の方が圧倒的に高いです。

 

12ヶ月で3万円が1億円と謳っていますが、

12ヶ月検証するには時間がかかりすぎますので、

1ヶ月目、もしくは2ヶ月目で資産が1.97倍にならなければ、

すぐに返金交渉に動いた方がいいです。

 

 

必ず全員に100%稼がせるということなので、

稼げなければすぐに私の方に連絡をしてください。

 

 

では。

 

続き記事はこちら↓

夏目五郎 ロジックウィナーズプロジェクト 評判は?演者やお涙商法炸裂!

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。