マメオです。

 

前回から取り上げている

泉和真氏のホワイトマジックリターンが

ついに最終章になりました。

 

第6話まで動画があるという

かなり長編なプロモーションでしたが、

バックエンド商品となる泉ファイナルファミリーは大丈夫なのでしょうか?

 

今回はその点について記事にしていきます。

 

泉和真 ホワイトマジック リターン

泉和真 ホワイトマジックリターン
泉和真 ホワイトマジックリターン

 

 

URLはコチラ:

http://izumi-whitemagic.com/return1/

http://izumi-whitemagic.com/return2/

 

 

泉和真 ホワイトマジックリターン 第6話の内容は?

 

随分と動画の本数が多く、

動画が長いプロモーションで、

内容を確認するのも大変でしたが、

やっとのことでクライマックスにたどり着きました。

 

ここまで本数が多く、

しかも動画の長さはどれも1時間超えという内容で、

ユーザーは最後までついて来れるのか疑問ですね。

 

普通であれば、4、5話完結で、

1動画あたりは30分程度が平均なのですが、

今回はかなり引っ張られました。

 

そんな第6話の内容はというと、

具体的なコンテンツの説明と、

最後の売り込みラッシュという感じです。

 

とにかくメリットをゴリ推しして、

絶対に稼げますということをアピールした内容です。

 

その中で気になった点をいくつか挙げていきます。

 

まず表現として問題視しているのは、

絶対という言葉です。

 

絶対、確実という言葉は、

断定をする表現なので、

特商法的にはアウトな売り方です。

 

返金交渉の際にも有利な材料になります。

 

 

コンテンツの一つめとされていたファイナルロジックですが、

ここでも絶対という表現がされています。

 

絶対に稼げるから資金が減る心配は

一切ないとまで言ってしまっています。

これはさすがに言い過ぎですよね。

 

 

確実に成功できるプログラムという表現もされており、

投資というジャンルでこの表現はかなりアウトな表現です。

 

自動売買ということで、

全員が同じロジックに基づいてトレードをするので、

負ければ全員が負けます。

 

そうなった場合炎上は避けられないでしょう。

 

もちろんそうなってしまった場合は、

私の元へ相談をお送りください。

 

もし、

泉ファイナルファミリーに参加した

他のメンバーと連絡が取れるようでしたら、

他の方もまとめて私に相談するようにしてください。

 

数が多い方が有利になるケースが多いためです。

 

動画ページがセールスページにも、

誇大表現が沢山使われています。

 

ここにきて、

怒涛の誇大表現ラッシュです。

 

 

 

セールスレターに埋め込まれていた

クロージング動画でもこのように発言をしています。

 

 

こういったクロージング動画で思い出すのは、

ディグリードを売っていた池田秀樹氏。

 

彼は2年ほど前に見るだけで稼げえる不思議な映画と称して、

ディグリードプログラムを販売。

 

クロージング動画などで絶対稼げる等を連発し、

挙句コンテンツをまともに提供せずに大炎上。

 

裁判にまで発展し池田秀樹側が敗訴。

大人数が返金を勝ち取るというやばい事件がありました。

 

泉和真氏の場合はそこれほ激しいクロージングではありませんが、

こういった最後の動画で一人語りをする動画では、

誇大表現が連発する傾向にありますので注意しましょう。

 

泉和真氏の場合も挙げきれないほどの問題発言がありました。

 

 

泉ファイナルファミリーの返金保証は危険性あり

最終的に298,000円で販売が開始された

泉ファイナルファミリーですが、

どうやら返金保証が付いているようです。

 

返金保証がついている安心してしまうかたがいますが、

大抵の場合返金保証は適応されないことが多いです。

 

こういった情報商材系は、

購入者がしっかりと作業をしていないという理由で、

返金を断られることが多いです。

 

確かに、

決済をしただけで何も説明も読まず、

ツールもインストールもせずに、

何もしていないのに販売者を詐欺呼ばわるするのも問題だとは思います。

 

ただそれは、

あくまでコンテンツが真面目な内容だった場合です。

 

販売者がまともな内容を真面目に売っていたにも関わらず、

何も行動しない購入者に返金をする必要はありません。

 

ただ、

販売方法が過激であり、

実際のコンテンツがあまりにひどい場合は、

返金は必ずしてもらうべきです。

 

スムーズに返金をしてもらうには、

まず相手が要求している返金保証の適応条件を

しっかり真面目に守ることです。

 

今回の泉ファイナルファミリーの条件はこちらです。

 

 

 

なかなか厳しめの内容です。

初回入金1000ドル以上や6ヶ月運用の条件に加えて、

レポートやテストの受講などがあります。

 

真剣にお金を稼ぎたくて泉ファイナルファミリーに入ったのであれば、

もちろんコンテンツは真面目に全て実践すべきなのが前提ですが、

普通の方はここまで継続できないでしょう。

 

これがアフィリエイトや転売など、

努力が成果に結びつきやすいジャンルであれば、

条件達成をするために日々頑張れば、

結果が出る可能性が高いです。

 

ただし今回は投資で、しかも自動売買なので、

そういった努力が成果に結びつきづらいです。

 

おそらくは、

返金をさせないために厳しくしている条件だと思います。

 

ただ、

内容が詐欺だった場合、

こういった返金保証があるなしに関わらず

返金する方法があります。

 

返金保証を無効化する裏技に興味はありますか?

 

もし泉和真氏のファイナルファミリーに入って、

返金をしたいと思っているのであれば、

まず私にお問い合わせください。

 

数々の事例を元に、

返金のお手伝いをします。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。