マメオです。

 

今回は以前から注目している

高木伸雄のマネーモンスター

について記事にしていきます。

 

第4話の動画と最終セールスが始まり、

いよいよ全貌が見えてきました。

 

高木伸雄 マネーモンスター MoneyMonster

高木伸雄 マネーモンスター
高木伸雄 マネーモンスター

 

 

URLはこちら

http://crypto-mm1.com/lp/main1/

http://crypto-mm1.com/lp/triple2/

http://crypto-mm1.com/lp/appli3/

http://crypto-mm1.com/lp/future4/

 

 

高木伸雄 マネーモンスター
第4話の内容は?

マネーモンスターの第4話は

いよいよ販売前のクロージング的な内容になっていました。

 

話の中身的には以前から言っていることは同じで、

出来高と統計学を駆使して月利30%を達成するという内容。

 

ただ、

以前も書いた通り、同様のツールでは、

出来高感知によるトレードは無残な結果になっています。

 

そもそも出来高を感知したところで、

すでに高騰した後だったり、

大勢が同じ注文を出すことによって、

自分たちで価格を上げてしまい、

一部の人が高値掴みをして損をするなんてこともあります。

 

マネーモンスターでは草コインに注目しており、

草コインはマイナーな通貨なので、

とにかく出来高が少ないです。

 

個人でそこそこの大金があれば

価格を動かせるくらいの出来高ですので、

多くの方がマネーモンスターを使えば、

利用者同士で価格がめちゃくちゃになり、

利益の奪い合いになる可能性が非常に高いです。

 

また、

前例もあるのですが悪質な場合、

運営が先に草コインを仕込んでおいて、

自動売買で多くの方たちを高値掴みさせ、

運営が利益を確定させるという手法もあります。

 

それはかなり悪質な例ですが、

そういったこともある業界なので注意が必要です。

 

 

高木伸雄 マネーモンスター 実績部分が曖昧

ついに販売が開始されたマネーモンスター。

当初は無料体験を募集するという綺麗なページで募集がありましたが、

それは完全な嘘であり、やはり販売がされました。

 

ああいった形で集客をしたのであれば、

せめて試用版くらいは利用させれば少しは好印象でしたが、

案の定それはなかったですね。

 

試用版を配れない理由が何かあるのでしょうか。

 

そしてついに始まったマネーモンスターのセールス。

そのセールスページを見てみると、

実績らしきものがようやく出てきました。

 

ただ、

実績が載っているからといってまだ安心はできません。

 

例えばページに載っていたこちらの画像

このような画像は後付けで誰でも作れます。

過去の相場を見て、

良さそうなところに後からペイントをしているだけなんです。

 

本当にそこで買って売っていれば、

必ず取引履歴が残っていますので、

そちらを提示した方がエビデンスとしての効力は高いです。

 

にも関わらず、

このような簡単な画像しか載せていないということは、

取引履歴は出せないという良からぬ事情があるのではないかと思います。

 

そしてこちらの実績図のパターンも効力がありません。

こちらは取引所、おそらくビットレックスの口座残高をキャプチャーした図ですが、

この画像はあくまで残高でしかありません。

 

普通に0.14BTCを買って、

ここに送金すれば簡単に作れてしまう画像です。

12万円くらいなので誰でも用意できる画像です。

 

やはりこの実績も効力がなく、

本当にマネーモンスターが勝っているという証拠ではないです。

 

そしてさらに問題の図が掲載されていました。

それがこちらです。

 

 

マネーモンスターの運用成績例だそうですが、

ここまで順調に右肩上がりに成績が出ているツールなんて

この世に存在しないと断言しても良いです。

 

どんなに優秀なソフトであろうと、

必ず月ごとに浮き沈みがあります。

 

毎月30%の利回りが出るソフトというだけでも

ありえな過ぎる数値であるというのに、

毎月それを継続して複利でここまで増えるシステムであれば、

本当に伝説級です。

 

どんなに優秀なソフトであっても、

月によって3%だったり、20%だったり、

マイナスだったり、それでも年間ではプラス

というのが普通です。

 

マネーモンスターが提示している実績は、

あまりに現実離れしていると思った方がいいでしょう。

 

そして、

実際にマネーモンスターを使用してみて、

これらの実績とあまりにかけ離れていれば、

返金交渉時に有利になります。

 

販売前の実績と実際の運用結果を見比べてみましょう。

 

 

高木伸雄 マネーモンスターの価格は?返金はできるのか?

 

今回のマネーモンスターの価格は15万円ほどでした。

平均よりは安いとはいえ、

この金額を回収するのは大変だと思います。

 

仮に月利30%が出たとしても、

初月で15万円を回収するには、

50万円の資金が必要です。

 

月利5%しか出なかったら、

さらに資金を増やすか、

時間をかけるかしないと資金回収は難しいです。

 

そして今の計算はあくまでプラスの収支が出た場合です。

もしマイナスの収支が出れば、

もっと最悪な状況になります。

 

そうなった場合は、

せめてシステム代金だけでも

返金をしてもらいたいですよね。

 

システム購入後、

もし返金をしてもらいたくなったら、

私にご相談ください。

 

過去同様のシステムでの返金事例もありますし、

販売前の実績に嘘がありそうですので、

有利になると思います。

 

ただ、ご自身で返金をしてもらおうと

一人で行動しても返り討ちに会うこともあります。

 

私は今まで、

そういった多くの被害者を救ってきましたので、

まずは私にご相談ください。

 

 

では。

 

 

情報商材、高額塾に「騙された」と感じたら

 

無料オファーの後に販売される高額塾販売に関して、

LPやローンチ動画、セールスページなどでうたわれていた事と

実際の商品内容が大きくかけ離れているというケースが後を絶ちません。

 

もしそのような商品を購入してしまった場合には

以下のページを参考に返金請求をしていきましょう。

 

 

 

悪質な販売手法によって業者を儲けさせるのは腹が立ちますし、

その業者の今後の活動の資金源にもなってしまうので

「騙された」と感じたら、業者からお金を取り戻すという行動をしていきましょう。